先輩社員紹介

製造ライン管理システム開発担当

僕の仕事

僕は工場の製造ラインを管理するシステムを開発しています。工場で生産される一つひとつの製品の進捗状況を、リアルタイムに管理・監視するシステムです。今回管理工程を強化するため、システムに機能を追加する事になり、その開発メンバーとして設計からプログラム、テストまで一通り担当することになりました。
まず大変だったのは、お客様との仕様の打ち合わせです。お客様の業務をよく理解していないと、要求されている事を正しく理解できませんから。解らない所はお客様に教えていただきながら、一つ一つじっくりと取り組んでいます。

ハンバーガーショップでアルバイトをしている時、マネージャーという仕事に面白みを感じて、マネージメントが出来る仕事に就きたいと思っていました。ITの世界なら若くてもそのチャンスは回ってくると思って、この仕事を選んだんです。文系出身で、パソコンにも詳しくない僕ですが、文系だから困った・・・という事は今まで無かったですね。配属されてから、お客様のサーバーのデータ移行や、文書管理システムなど、いろいろ経験しました。それに伴ってサーバーの知識、SQL、プログラムではASP、JAVA、VB.netなどを勉強しましたが、多少時間はかかっても調べればちゃんと解ったので、そこは苦労したって程でもなかったんです。データベースに持たせるデータの構造を考えたり、データ処理を早くするためにどう工夫するかを考えたり、ドキュメントを作成したりするのは、文系脳も得意とするところじゃないかと思いますよ。
それよりも、何か問題が起きた時、どこに原因があるか“ピン!”と来るかどうかで、作業効率は大きく変わります。仕事においては「勘の良さ」がとても大切だと思っています。

入社4年目にプロジェクトリーダーになりました。プロジェクトが滞りなく終了するよう、人員の配置や、作業の進捗管理を行い開発も行います。自分では歌って踊れるSEだと思っているんですけれど・・・。
なんでもやってくれる優秀な部下がたくさんいて、僕はやることないから打ち合わせと称して、お客様と飲みニュケーション・・・そんな管理職になるのが最終目標なんですけどね。イテテテ。

グループの仲間
イベントでの活躍は常に高い評価を得ています。