JNOVEL 日本ノーベル株式会社JNOVEL 日本ノーベル株式会社
エントリー
MENU

「挑戦したい」という想いひとつで、大きく成長できる場所。「挑戦したい」という想いひとつで、大きく成長できる場所。

知識ゼロの文系から、
プロジェクトリーダーに。

 私は文系出身で、ITベンチャーの営業職を目指していました。でも、就活をするうちに、せっかくITに携わるなら自分も技術を身に付けたい、と思うように。トレーディングカードの査定システムや、携帯電話の動作テストをするロボットなど、他社では見ないような面白い製品に惹かれて、日本ノーベルに入社することにしました。技術的な知識はゼロからのスタートでしたが、研修等で一通りのプログラミング技術を習得。JAVA、HTML、Python、C++などを使えるようになりました。新しい技術をどんどん学ぶうちに、開発全体を見渡す立場にも興味が湧き、プロジェクトリーダーの社内資格も取得。今はプロジェクトリーダーとして、顧客情報や営業情報を管理するシステムに携わっています。案件の進捗・受注確度などを管理したデータベースを運用し、お客様のニーズをくみ取りながら、新たな機能の追加や改良の提案を行っています。

お客様からの言葉が、
仕事の原動力になる。

 手を挙げれば何にでも挑戦させてくれる社風のおかげで、同年代のほかのSEより、かなり幅広い仕事を経験させてもらったんじゃないかと思います。自ら手を動かす開発から、仕様設計などの上流工程まで、さまざまな案件を担当してきました。中でも印象に残っているのは、2年目で担当したある飲料メーカーの案件。生産工場で使う、資材の厚みを測定するシステムの開発です。製品の印象に関わるため、繊細な技術が必要な仕事。何社かのハードウェアベンダー、ソフトウェアベンダーと協力して開発にあたりました。各社それぞれの強みを最大限に発揮できるように調整し、開発を無事終えたあと、お客様から「これぞ日本のモノづくりですね」「次の案件もぜひ御社にお願いしたい」と言ってもらえたんです。やっぱり、自分の仕事で誰かに喜んでもらえる、というのが一番嬉しいですよね。

真剣に相手のことを
考えるから、成長できる。

 元請けとして、お客様と直接顔を合わせながら仕事ができるのも日本ノーベルのいいところ。お客様と飲みに行くこともありますし、地方で観光地を案内してもらったこともあります。深い関係を築けるので、「この人たちのために」という想いで、ひとつひとつの仕事を頑張れるんです。お客様の近くで、「本当の課題は何か?」と考えながら開発に携わることで、自分自身、SEとしても大きく成長することができました。日本ノーベルには、私のように文系出身でも、しっかり技術を身につけて活躍できる環境が整っています。ITの分野で何かしてみたい!という想いが少しでもあれば、必ず、その想いを実現できる会社だと思います。

プログラミングを始めたのは、入社してから。
今では他部署から「宍戸、貸してくれない?」と
頼られるまでになりました。