EcoLyzer環境データ統合管理システム

カメラによる自動計測 【オプション】

EcoLyzerにデータ自動取込機能がつきました。よくある自動計測と言えば計測機器を利用していますが、EcoLyzerではメーターにカメラを設置し撮影した画像を解析してデータを読み取るといったしくみで実現しています。メーターさえあれば、電力以外のエネルギー項目もカメラで撮影することにより、自動取込が可能です。

使用量の入力不要

カメラによる自動計測を実現しているため、請求書を片手に電力量を入力するといった手間や入力ミスがなくなります。また、自動計測ということでデータの信頼性も飛躍的に向上します。

メーターから読み取った数値の信頼性

メーターから直接データを取得するため、毎月の請求書伝票に計上されている使用量と同じ値を自動で取得でき、行政への届出資料として活用頂けます。

低価格での導入

メーター1つにつき1つカメラを設置するだけでよいので、比較的低価格で導入することが可能です。また、カメラの設置だけで済むため、工事などは不要で現場を止めることなく導入できます。

電気の使用制限への対応

電気事業法第27条による電気の使用制限が発動されたことにより、使用した電力が月に500kW 以上となった場合使用制限状況報告書を提出する必要があります。報告書では9時から20時の電力を報告するため、時間単位での電気使用量を把握しなければなりません。

自動取込機能では、時間毎に使用量を取得するため毎時メーターで確認するといった作業が不要になります。

多種類エネルギーデータの管理

必要なものはカメラだけなので、メーターさえあれば電力以外のエネルギー項目も自動取込可能です。 これにより、EcoLyzerはいろいろなエネルギー項目を入力コストをかけず管理できるようになります。