日本ノーベル株式会社

Web調達・購買システムEPCUSに
Amazonビジネスとのパンチアウト連携機能をリリース
調達購買業務の効率化と、ワークフローによる内部統制強化を支援

日本ノーベル株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:下山 到、以下日本ノーベル)は、Web調達・購買システムEPCUS(エピカス)の新機能として、物品の調達購買業務におけるAmazonビジネスとのパンチアウト連携機能を7月7日にリリースいたします。

EPCUSとAmazonビジネスとのパンチアウト連携機能をご利用いただくことで、豊富な品揃えの商品をお求めやすい価格で提供するAmazonビジネスを利用しつつ、調達・購買プロセスの最適化を目指すことができ、調達・購買に掛かるコスト軽減や、内部統制強化が期待できます。

EPCUSとAmazonビジネスのパンチアウト連携イメージ
EPCUSとAmazonビジネスのパンチアウト連携イメージ

■ 調達・購買業務でのECサイト利用時に抱えている課題

企業のユーザーが調達・購買業務においてECサイトを利用する際、以下のような課題が考えられます。

  • ECサイト利用に関する社内規程などが整備されておらず、要求部門で物品を購入時に購買部門を介さず購入することで、経費精算の際に妥当性に関して問題が発覚する。
  • 購買部門は、要求部門がECサイトで購買した商品に関する購買データの登録を後日個別に手入力で行わなければならず膨大な工数が発生する。
  • 企業で利用している購買システムとECサイトの承認ワークフローをそれぞれ個別で利用すると運用が煩雑となり、コンプライスに関する問題の発生やメンテナンス工数が発生する。

■ Amazonビジネスとのパンチアウト連携機能を利用するメリット

1. 利用ユーザー(要求部門、購買部門)のメリット

  • ワークフロー(電子承認)による内部統制強化
    • 購入依頼のワークフロー(電子承認)が決裁されたタイミングで注文情報がAmazonビジネスに自動連携されます。このため要求部門のユーザーは、Amazonビジネスだけを利用していた時とほぼ同じ業務の流れ、スピード感で調達・購買業務を行うことができます。
    • 購買部門のユーザーは、購入依頼の受付や、物品の選定、発注処理といった作業を削減できます。
  • シンプルな購入手続きによる業務効率化
    • 多様な業種のニーズに対応した数億種類の商品をお求めやすい価格で提供するAmazonビジネスで選んだ商品を、より簡単に、社内規定に沿った購入手続きを経て購入できるようになります。
    • EPCUSを通じてAmazonビジネスへアクセスする際、EPCUSのアカウントでログインできるため、手間を軽減できます。
    • Amazonビジネス上で選んだ商品は、EPCUSに自動連携されるため、簡単に購入依頼が行えます。ユーザーが商品名や型番、数量、金額などを1件1件都度手作業で記入しなくても購入依頼を行えるため、依頼時の作業軽減やミスによる手戻りの抑制になり、業務効率化が期待されます。
    • 購入前に購入依頼が決裁された上での請求書払いとなるので、経費精算の際の煩わしい処理が低減されます。
      ※ 請求書払いには所定の審査が必要となります。

2. 企業のメリット

  • ワークフロー(電子承認)による内部統制強化および過剰経費抑制強化
    • Amazonビジネスからの購入前に、他のサプライヤーからの購入と同様にEPCUSで導入されているワークフロー(電子承認)を利用することができ、内部統制の強化や、不要な物品を買いすぎてしまうことを抑制できます。ワークフロー(電子承認)では、金額に応じて上位者に承認ワークフローを回すことができるため、物品に応じて最適な統制が行えます。
  • 購買実績データによる総合的な分析強化
    • Amazonビジネスからの購買実績を、他のサプライヤーからの購買実績と合わせて確認したり、会計システムへの連携が行えます。
    • 購入依頼の際に、物品ごとに勘定科目や費用負担部門を設定するようカスタマイズを行えば、管理項目と購買実績をセットで管理することも可能となります。

■ 発売時期

発売予定日: 2021年7月7日

■ 本プレスリリースに関するお問い合わせ先

日本ノーベル株式会社 営業本部 プレスリリース担当
TEL:03-3927-8801 FAX:03-3927-8802 E-mail:salesjnovel.co.jp

添付資料:各製品・サービスについて

■ Amazonビジネス概要

Amazonビジネスは、日本で2017年9月にスタートした法人および個人事業主のお客様を対象としたEコマースです。法人限定商品を含む数億種類の品揃え、一部商品での法人価格の適用のほか、請求書払いや承認ルールの設定、週末の受け取り設定、購買分析・レポート機能など、購買および調達に特化した様々な機能やサービスの提供を通じて、世界の企業の皆様の経営効率化を支援しています。

■ EPCUS概要

EPCUSは、調達する資材の値決め、購入先の決定、注文書の送付、検収作業等、調達・購買業務全般をサポートし、ご利用の企業様とサプライヤー様とのやり取りを、Webを介して行う調達・購買システムです。お客様の購入依頼から見積依頼、見積回答、発注依頼、納期回答、検収入力の調達・購買業務をサポートするため、各機能をシンプルなものにして、フローの組み換えや、カスタマイズしやすい仕組みを用意しております。フレームワークには、株式会社NTTデータイントラマート社のintra-mart Accel Platform を採用し、システムの共通基盤として利用可能な仕組みの上でお客様の実現したい機能を低価格で構築することを目指した製品です。

EPCUSの基本購買フロー
EPCUSの基本購買フロー
EPCUSの購入依頼画面
EPCUSの購入依頼画面

■ 製品名表記

製品名: EPCUS

製品名読み: エピカス

EPCUS

添付資料:日本ノーベル株式会社 概要(2020年6月末現在)

設立: 1980年4月9日
資本金: 1億円
代表取締役社長: 下山 到
従業員数: 149名
本社所在地: 東京都北区王子2-30-2
事業内容: ソフトウェア開発、システム開発などの各種サービス提供

日本ノーベルは独立系のソフトウェア会社です。ITで日本のものづくりを支える力になろうと1980年に創業し、以来FAシステムや計測制御など、産業分野の省力化、合理化ニーズに応えるトータルソリューションを提供してまいりました。近年は培ってきた技術力をベースに、ソフトウェアの品質改善に向けた「組込みソフトウェア テスト自動化システム Quality Commander」などのオリジナル製品を開発。ハードウェアに縛られないソフトウェアベンダーの特性を活かし、現場の実情に即した柔軟なソリューションを提供しています。

添付資料:関連リンク

プレスキット:Factory Conductor クラウド版

https://www.jnovel.co.jp/content/files/image-library/Presskit_EPCUS_04.zip

(画像はこちらからダウンロードいただけます。)


製品サイト:Web調達・購買システム EPCUS 製品サイト

https://www.jnovel.co.jp/service/epcus/


AmazonビジネスはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

「intra-mart」は、株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。

「EPCUS」は、日本ノーベル株式会社の登録商標です。

その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、一般に各社の登録商標または商標です。