事例・実績

開発・検証事例クラウドとMQTTを使用した監視カメラシステムの構築

屋外1500箇所に設置されたWebカメラの映像を、Webブラウザで確認できるシステムの開発を行いました。Webカメラの死活監視には、IoTデバイス向けの通信プロトコルであるMQTTを使用しています。MQTTがこのシステムで使用できるかどうか、PoCやフィールドテストで検証してから開発に入りました。

画像内地図データ © OpenStreetMap contributors (https://www.openstreetmap.org/copyright)

対象 Webカメラの映像監視システム
内容
  • Webカメラの死活情報を監視(Webサイト構築)
  • MQTTプロトコルを用いて、Webカメラデバイスとのデータ通信量を削減
  • Webページからカメラ映像のストリーミング再生および、一括ダウンロードする機能の開発
  • OpenStreetMapの地図タイル上にカメラの設置位置を表示

検証事例ドローンに搭載された通信モジュールの検証

ドローンの機体識別に最適な通信規格を選定するため、各通信規格の測定項目の検証方法と試験項目を導き出し、検証を実施しました。

対象 ドローンに搭載するリモートIDモジュールの通信方式の検証。
通信方式は、直接放送方式、ネットワーク方式、機器間通信方式など。
内容
  • 測定における要件定義・試験計画・試験仕様の作成
  • 検証の実施

検証事例ホームゲートウェイのWi-Fi干渉評価

ホームゲートウェイのWi-Fi干渉の評価を行いました。評価で使用する機器は全て自動制御し、無人の状態で評価しています。PC、スマートフォン、Bluetooth®機器などを、自動テストツール(QCWing)で自動操作し、様々な条件下で試験を実施しました。

対象 テスト対象機器:ホームゲートウェイ
干渉元:Wi-Fiルータ複数、Bluetoothスピーカー、PC複数、スマートフォン
内容
  • 操作自動化(無人化):Wi-Fiアクセスポイント、Bluetooth機器、モバイルルータ、PC(Windows®)、スマートフォン(Android)
  • スループット測定:干渉元PCのダウンロード数を変動させながら試験
  • 競合試験:2.4GHz/5GHz帯のWi-Fi干渉テスト
  • スタビリティ評価:連続稼働評価

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 10:00~17:00(平日)
※12:00~13:00は受付時間外


フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。

Windowsは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

Androidは、Google Inc.の商標です。

Bluetoothは、米国 Bluetooth SIG,Inc.の商標です。