タッチパネル
リニアリティ評価システム

カメラと画像処理で基準位置を割り出し
絶対位置精度0.1mmを実現

タッチパネルの表面をロボットでなぞることで、タッチパネルの直線性(リニアリティ)評価を行います。カメラと画像処理を使用して基準位置を割り出すため、簡単に位置合わせができ、タッチパネルを絶対位置精度0.1mmという高精度で操作できます。また押し圧の測定が可能で、リアルタイムの圧力値を表示します。

DEMO タッチパネル リニアリティ評価システム

特長

複数機種のパネルを同じ軌道パターンで操作可能

タッチパネルの角を基準として座標を割り出すため、取り外した評価対象機器を再設置した場合でも、同じ座標で高精度に操作できます。また、形状の違う複数機種のタッチパネルであっても、制御スクリプトに変数を用いることで、同じ軌道パターンで操作できます。 登録した基準位置(タッチパネルの角座標)は、機種毎に環境設定ファイルへ保存でき、簡単に切替え可能です。

タッチパネル リニアリティ評価システム:複数機種のパネルを同じ座標でテスト可能
画面の比率やインチ数が違っても、同じパターンでテスト可能

基準位置の登録が簡単

基準位置を高精細カメラで計測
基準位置を高精細カメラで計測

タッチパネル操作の基準位置(タッチパネルの角座標)は、カメラと画像認識を利用して簡単に登録できます。

絶対位置精度で0.1mmの検出精度が可能

基準位置は高精細カメラで計測して割り出すので、絶対位置精度で0.1mmの検出精度という、目視では不可能な高精度ティーチングが可能です。絶対位置精度により、2点間の相対的な位置出しだけでなく、パネルの角を基準にした絶対的な位置出しが可能になります。

タッチパネル リニアリティ評価システム:絶対位置精度で0.1mmの検出精度が可能
相対位置精度と絶対位置精度の違い

オリジナルの検査軌道を簡単作成

オリジナルの検査軌道を簡単作成

ロボットの制御は「テストシナリオ」というスクリプトで行います。ロボットの操作コマンドは、マウスクリックで入力出来ます。
検査軌道や操作速度などをカスタマイズした、オリジナルのテストシナリオを簡単に作成できます。

リニアリティ評価 実行のステップ

1.環境設定にてタッチパネルの機種毎に角座標を登録
タッチパネルの角座標は、画像認識を利用して簡単に登録可能です。
2.ロボットを制御するテストシナリオを記述
ロボットの操作内容をテストシナリオ(スクリプト)に記述します。コマンドはマウスクリックで入力出来ます。速度変更、ロードセル制御などのコマンドの他、変数や繰り返しも扱えます。
3.自動実行
実行ボタンを押すと、テストシナリオに従ってロボットが自動でタッチパネルをなぞります。
4.評価端末の反応を確認
操作内容と座標位置のずれを確認します。
(※オプションで座標位置ずれ表示に対応)

オプション

タッチパネル反応速度計測

高速撮影が可能なカメラ(100fps~)でロボット先端がパネル面に触れる瞬間を撮影。ロボット先端が面に触れた瞬間から画面変化までの時間を画像処理で計測。

タッチパネル反応速度計測
先端部がパネル面に到達してから画面変化が始まるまでの時間を計測

本用途用にカメラが別途必要になります。

座標位置ずれ表示

accuracy of touch screen
▲ 座標位置のずれを、数値・軌跡・グラフで表示
リニアリティ
直線を描いた際、始点と終点を結んだ直線からどれだけ反応点がずれているかを表示する。ずれの度合いをグラフと数値で表示。(pixel単位,mm単位)
アキュラシー
ロボットが押下した地点と反応した地点がどれだけずれているかを表示。
打点バラツキ、認識率
同じ位置を複数回にわたって押下し、タッチパネルが反応した回数とその座標値のバラツキを表示。

※タッチパネルの反応位置座標を取得する仕組みが別途必要になります。

ハードウェア情報

操作ロボット

静かで高精度、高速移動(3300mm/s)が可能なスカラ型ロボット採用

アーム長 180mm
タッチパネル
操作可能範囲
アスペクト比4:3
139×105mm
アスペクト比16:9
172×97mm
アーム長 400mm
タッチパネル
操作可能範囲
アスペクト比4:3
287×215mm
アスペクト比16:9
350×197mm

ロボットの最大移動速度であり、短い距離を移動する場合はこれより遅くなります。

先端プッシャ

静電容量式、 抵抗膜式のタッチパネルなど、様々なタッチパネルに対応

  • 素材:導電ナイロン、真鍮
  • 形状:テーパ型プッシャ(直径1.1~10mm)

低い静電容量から測定可能な高精度先端部品
パネル固定冶具
  • 3~12インチ程度のタッチパネル機器を 固定可能
  • 端末の上下傾を微調整可能
カメラ スカラロボットに固定された、座標計測用 カメラでパネルを撮影し角座標を計測
ロードセル
(荷重センサ)
  • 先端部品に取り付けたロードセルにより、高精度圧力値が測定可能
  • 圧力値のリアルタイム表示ウィンドウを標準機能で搭載(単位:N)
2本指開閉操作
(マルチタッチ)
※オプション

タッチパネルのマルチタッチ操作に対応。2点同時押下、開閉操作、回転操作などが可能。

 

スカラロボットのR軸の回転軸を利用して回転操作が可能

ロードセルによる圧力測定は搭載不可

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。