Androidアプリ自動テストツール

Androidアプリを「簡単に」自動テスト

USBで接続したAndroid端末を外部制御することで、Androidアプリケーションの自動テストを行います。端末のスクリーンキャプチャ画像と、期待値画像を比較判定でき、テスト結果の確認にかかる時間を短縮できます。

USBで接続したAndroid端末を外部制御

QCWing for Android 製品紹介動画

複数端末の操作で対向試験も可能

1台のシステムで、複数端末の操作を行えます。同種の端末を一斉に操作できるほか、種類の異なる端末を順次自動操作することもできます。この機能を使用して、「発信→着信」などの対向試験も行えます。


▲ 同種の端末を一斉に操作

▲ 種類の異なる端末を順次自動操作

タッチパネルの座標をマウス操作で入力


▲ 擬似画面をマウスでドラッグ操作すると
テストシナリオに座標などが入力される

タッチパネル操作や、キー操作の内容は、PC上の擬似画面からマウス操作で入力できます。

タッチパネルのスワイプ操作やドラッグ操作(直線のみ)も、マウスで簡単に座標の入力が行えます。

また使用頻度の高い画像取得や比較判定コマンドは、ボタン1つで入力可能です。

スクリーンショット画像を比較判定 結果レポートを出力

Android端末から取得したスクリーンショット画像と、期待値画像を比較することで、テスト結果を自動で判定します。判定結果は実行レポートと共に一覧表示されます。レポートデータはHTMLで出力されるので、簡単に情報共有やデータを流用できます。

Quality Commander版はテスト結果をデータベースに記録します

簡単に作成できるテストシナリオ

自動テストの手順をテストシナリオに記述し、実行します。テストシナリオはQuality Commander(ロボットを使用した自動テストシステム)と同じ構文です。テストシナリオの文法はとてもシンプルにできており、プログラミングをやったことがない人でもすぐに取り掛かることができます。

テスト実行のステップ

Androidテスト 実行ステップ

主なコマンド

主なコマンド: Android専用コマンド
  内容 コマンド
Androidアプリ操作 画面をタップする adrPlotc
画面をドラッグする adrDrag
画面をフリックする adrFlick
スリープ状態を解除する adrWake
端末情報を取得する adrAndroidInfo
ADBコマンドを実行する adrExecute
端末を再起動する adrReboot
文字列入力(半角英数字、半角記号に対応) adrInput
文字列転送(全ての文字に対応) adrClipboard
画面を回転する adrScreenRotate
リプレイ adrReplay
画面をピンチイン、ピンチアウトする adrPinch
見つけた位置をタップする adrPlots
主なコマンド: Quality Commander共通コマンド
  内容 コマンド
画像取得 端末画面のファイル保存 PIC
判定 静止画を比較判定する STILL
指定の画像形状を検出判定する SEARCH
制御構造 指定した回数分、処理を繰り返す FOR
指定した時間、処理を繰り返す UNTIL
指定した条件の間、処理を繰り返す WHILE
条件分岐をする IF
指定した時間、待ちを入れる WAIT
外部コマンド 外部コマンドを実行する EXECUTE
呼び出し 他のシナリオを呼び出して実行する CALL
変数セット 変数に値をセットする SET

機能比較表

  QCWing
for Android
Quality Commander
for Android
シナリオ作成 コマンドを限定
自動判定 静止画判定(STILL判定)、サーチ判定のみ
テスト結果記録 HTML形式ファイルに記録 データベースに記録
カメラでの画像取得 ×
外部機器制御 ×
ロボットとの連携試験 ×

2016年4月現在、Android の対応バージョンは6.0までです。

レンタルでのご利用も可能です。詳しくはお問い合わせください。

パンフレットダウンロード

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問合せください

「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。

使用しているAndroidキャラクター(Android Robot)画像の著作権はGoogle Inc.に帰属します。