携帯電話 テスト自動化システム 廉価版Quality Commander

Quality Commander の優しい操作性と、
実績のある静止画判定を引き継ぎました

ロボットが携帯電話のボタンを押し、遷移する画面をカメラで撮影することで、人海戦術で行っていた携帯電話の実機によるソフトウェア検査を自動化します。
QCLiteはフル版Quality Commanderと同じ操作性でシナリオも共有できます。簡易な設定とノートパソコンを使った省スペース仕様で手軽にテスト自動化が始められます。また、 画像判定を標準で搭載しており、画面表示の確認作業も自動化できます。

QCLiteとは

ロボットでテスト自動化

ロボットは集中力を持続できない時間の掛かるテストや、繰り返し行うことが多いテストを特に得意としています。 24時間連続稼動することができるので、夜帰り際にテストシナリオを実行させて帰宅すれば、翌朝テスト結果をチェックできます。

シンプル設計

ロボットのサイズ、重さは従来の約2/3になりました。ノートPCとの組合せで持ち運びもしやすくなり、場所を変更する試験(弱電界試験など)でも楽に移動させられます。

テスト結果はブラウザで確認

テスト結果表示画面(HTML)

テスト結果はHTML 形式で保存され、ブラウザで確認することができます。CSVファイルも出力しますので、Excelでテストデータを管理することも出来ます。

Quality Commanderと連携

フルスペック版のQuality Commanderと同じ操作性でテストシナリオも共有できます。Quality Commander側からREMOTEコマンドによりQCLiteを操作でき、端末対向試験の自動化も実現できます。

Quality Commander (フルスペック版) 製品サイト

テスト自動化の手順

1. 環境設定

携帯電話のボタンにボタンを押すレリーズを対応させます。カメラはキャリブレーショ ンなどの細かい設定なしで、そのまま使用できます。

2. シナリオ作成

テスト手順をシナリオに記述します。Quality Commanderと同じようにマウスクリックだけで記述できます。擬似画面上に表示されるボタン枠をマウスでクリックするとそれに該当するボタンが実際に押下されます。

3. テスト実行

テストシナリオに従ってロボットが携帯電話のボタンを押します。遷移する携帯電話の画面をカメラで撮影し、画像ファイルに保存します。結果はHTML形式のファイルで出力され、ブラウザで確認できます。

4. 自動判定

テスト実行で保存された画像ファイルの期待値と実測値が同じであるかどうか自動的に比較します。高精度な画像判定で小さな文字のドットとカンマの違いを見分けることができます。

製品情報

Quality Commanderシリーズの主な機能

Quality Commanderシリーズの主な機能

その他機能詳細

実行内容の記録

操作内容はCSV、HTML形式ファイルに記録

  • HTML形式ファイルはブラウザで閲覧可能
  • 画像はjpegファイルで保存
自動静止画判定
静止画判定(STILL判定)のみ
※サーチ判定、動画判定、OCR判定などは使用不可
※高精度静止画判定(オプション)…期待値にずれが生じても高精度に自動補正
外部機器制御
(オプション)
安定化電源装置の制御に対応

レンタルに含まれるもの

ハードウェア
  • マニピュレータ (プランジャーユニット)
  • 携帯電話固定ユニット
  • カメラ
  • ノートPC
ソフトウェア
  • QCLiteソフトウェア
  • 1機種目用の環境ファイル
サービス
  • 1機種目のテスト環境構築、設定作業
  • 電話・メールでのサポート対応
  • ソフトウェア不具合・ハードウェア不良発生時の修正

マニピュレータは PUminiBOX も対応しております。PUminiBOXを使用することでボタンを有する様々な機器の操作を行うことが可能です。QCLite版 PUminiBOXについての詳しい情報はお問い合わせください。

プランジャーユニット、PUminiBOXのハードウェア情報はこちら

オプション

  • 高精度静止画判定(ソフトウェア)
  • レリーズパネル
  • 電源制御ドライバオプション(安定化電源装置の制御)

使用可能なコマンド

分類 対応コマンド
マニピュレータ操作 S、F
画像取得 PIC
制御構造 CALL、FOR、UNTIL、WHILE、IF、CONTINUE、BREAK、STOP、EXIT、WAIT、RESULT
変数 SET
外部コマンド EXECUTE
自動判定(静止画) STILL、STILLTIME、STILLCOUNT
電源制御コマンド(オプション) CONNECT、DISCONNECT、SEND、STATUS

レンタルは4ヶ月からとなります。

Quality Commanderとの比較

  QCLite Quality Commander
環境設定ファイル作成 カメラキャリブレーション不要
シナリオ作成 コマンドを限定
ロボットによるボタン押し
カメラで画像撮影
自動判定 静止画判定(STILL判定)のみ
※サーチ判定、動画判定、OCR判定などは使用不可
判定内容の記録
  • 操作内容はCSV、HTML形式ファイルに記録
  • HTML形式ファイルはブラウザで閲覧可能
  • 画像はjpegファイルで保存
全てデータベースに記録
外部機器制御 安定化電源装置のみ
(オプション)

パンフレットのダウンロードはこちら

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。