DCIM
サーバーラック管理システム

UnitPORTERで一括管理

サーバーラック内の
機器情報をまとめて管理

UnitPORTERはWebベースのラックマネージメントシステムです。データセンターのサーバ管理、ファシリティ管理に必要な情報を一元管理し、共有できます。

Webブラウザで
誰でも使いやすい

ラック数課金でユーザー制限はありませんので、クライアント数は無制限で情報共有できます。権限管理機能により拠点や役割でアクセスできる機能を分けることができます。 オンプレミスでもクラウドでもご利用いただけます。

データベースで
情報管理、共有

Excelやメモでバラバラになっている情報をデータベースで一元管理します。 データの管理方法を一元化することにより、属人性の排除、他拠点でも統一されたオペレーションを実現します。 様々な入力補助やエラーチェックによって入力ミスを防ぎます。

他システムとも
柔軟に連携

APIやCSVにより、在庫管理システムや資産管理システム等の外部システムと連携した実績がございます。 パッケージ製品をベースとして、お客様の業務プロセスにあったITインフラ構築に柔軟に対応いたします。

主な機能

情報の一元管理

ラック、ユニット情報の他、ソフトウェア構成管理にも

UnitPORTERではデータ項目のカスタマイズに対応しており、用途に応じた管理項目をご提供できます。例えば、機器にインストールされているソフトウェア情報なども登録可能です。ハードウェア構成を詳細に記録することで、棚卸作業などを効率化します。

ラック・ユニット画面
▲ ラック構成図(ラック・ユニット画面)
情報種別 管理項目の例
ラック情報 搭載可能ユニット数、耐荷重、電源容量、利用状況
ユニット情報 搭載位置、担当者情報、メーカー保守期限、LAN設定
ソフトウェア情報 OS、データベース、バージョン、ライセンス期限
利用者情報 ユーザー情報、企業情報
その他 マニュアルPDFへのリンク、メーカーHPへのリンク
ヒストリ 作業ログ、アラーム表示履歴

配線管理

ポートを紐付け

機器同士のポートを紐付け

ネットワーク、電源ケーブルなど機器同士のポートを紐付けします。紐づけられたポートを選択すると、接続先の機器が表示されます。

1U(ユニット)に対し、複数の機器が登録可能

ラックマウントタイプでない機器の管理に対応

ブレードサーバーの管理や、
ラックマウントタイプでない機器の管理に対応

UnitPORTERはブレードサーバーの管理に対応しています。ブレードサーバーに収められた各ブレードについて、それぞれの情報を登録することが可能です。

また、小型のルータや外付けHDDなど、ラックマウントタイプでない機器が1Uに複数配置されている場合も、この複数登録の機能を使用して管理することができます。

マニュアルPDFなどをクイックランチャーで呼び出し

操作マニュアルPDFデータの呼び出しなど

ユニット情報にマニュアルPDFや、製品サイトのURLなどを紐付け、クイックランチャーで開くことができます。必要な情報をすぐに取り出すことができ、トラブル発生時や問い合わせに対し、素早い対応が可能です。

機器の移動や追加など、操作ログを記録

UnitPORTERでは機器の移動や追加などの操作ログを記録しています。担当者の引継ぎ時など、過去の作業内容をさかのぼって確認できます。

重量オーバーや期限切れをアラート

重量オーバーや期限切れをアラート

ハード、ソフトのライセンス切れが近づいている機器や、ラックの契約状態などを、一覧表示することができます。また、ラックの耐荷重、電源容量を管理でき、容量を超えた場合はアラーム画面でお知らせします。

フロア配置図

フロアを上から見た図で場所を特定

サーバールームのフロア配置図からラックを選択

サーバールームのラックの配置を表示したフロアマップから、ラックを選択できます。また、ツリービューからはデータセンターのロケーション、フロア、ラックを選択できます。

オプションで、フロア配置図エディタもご用意しています。フロアに配置されたサーバーや空調機など、平面図に配置するオブジェクトのレイアウトは、専用のエディタで編集できます。

また、日本ノーベルでは平面図の作成依頼もお請けしています。
詳しくはお問い合わせください。

ドラッグ&ドロップで機器情報を移動

機器レイアウトをドラッグ&ドロップで編集

機器のレイアウト情報はマウス操作で編集できます。機器を別のラックに移す際、移動後の合計荷重を表示するので、簡易な配置シミュレータとして利用できます。

画像ストックからイメージ画像を選択

ラック内の機器イメージ画像を選択

ラック内の機器イメージ画像は、あらかじめ用意された画像ストックから選択することができます。この画像ストックは、ユーザーが作成したオリジナル画像を追加することもできます。

ハウジングとオンプレミスの併用環境もまとめて管理

ハイブリッド環境の管理に

UnitPORTERは柔軟な機器の管理が可能です。例えばハウジングサービスを利用し、データセンターに預けているサーバーと、オンプレミス(自社運用しているシステム)のサーバーを、まとめて管理することができます。

導入事例

導入事例 積水ハウス株式会社 様

積水ハウス株式会社 様

ラック内の配置、機材情報、マニュアル、管理者などの情報がすぐに分かる

作業時間が短縮し、社内サーバー管理者の負担を軽減

社内サーバールームのラック内機器を管理するため、UnitPORTER スタンドアロンタイプを導入されました。

積水ハウス株式会社様 導入事例[PDF]

動作環境

サーバー側
OS Windows Server 2016 R2 (推奨)
Webサーバソフト IIS 7.0以上
クライアント側
Webブラウザ Google Chrome

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。

パンフレットダウンロード

Google Chrome は、Google Inc.の商標です。

Excel は米国 Microsoft Corporation およびその関連会社の商標です。