シグナリングテスト - ベンダーテスト

日本ノーベルでは、携帯電話、スマートフォン、Android端末、通信モジュールなど、移動体通信端末の第三者検証サービスを行っています。シグナリングテストはプロトコル検証を中心に、3GPP、3GPP2に準拠したAir Protocolの動作確認を行います。

実績

日本ノーベル シグナリングテスト 実績
評価対象機器
  • 携帯端末(Feature phone)
  • Android端末
  • USBドングル
  • モバイルルータ
  • 通信モジュール
通信規格 LTE、C2K、EVDO、GSM、UMTS、WiMAX、Wi-Fi

テスト環境

テストは、シグナリングテスタ(基地局シミュレータ)、実網(フィールドテスト)で行います。

キャリアIOT テスト環境

シグナリングテスト - テストの流れ

テスト分析
テスト内容検討
  • キャリアIOTとの兼ね合いを考慮
  • 新機能を注視
テスト計画
テストスケジュール策定
テスト設計
実施項目の確認
  • シナリオ作成有無決定
  • 実施要否決定
テスト仕様書作成
  • テスト手順仕様書作成
  • 合格条件作成
テスト実装/実施
シナリオ作成
  • シグナリングテスタ(基地局シミュレータ)用シナリオの作成
テスト実施
  • 合否判定
  • 不具合報告
  • シナリオ修正
評価/報告
最終レポート作成/報告

関連技術

Qualcomm のチップセットに精通

日本ノーベルでは、エアインタフェースやデータ通信制御など、プロトコル部分の開発も手掛けています。特にQualcommのチップセットには精通しており、深い専門知識と経験を持っています。また、携帯端末に情報家電などの他製品を組み合わせた製品開発にも精通しています。

携帯端末向け 組込み開発支援

JN's area of service : Middleware, Main CPU, Qualcomm Chip
▲ 携帯端末開発:日本ノーベルの得意分野

テスト自動化システムを自社開発

日本ノーベルでは、自社開発のテスト自動化システムQuality Commanderを使用し、シグナリングテスタ(基地局シミュレータ)との連携テストの自動化も行っています。

組込みソフトウェア テスト自動化システム Quality Commander

シグナリングテスタとの自動連携テスト
▲ Quality Commanderによるシグナリングテスタとの自動連携テスト(イメージ)

Wiresharkログ自動チェックツール

Wireshark(旧 Ethereal)で取得したログを自動確認することで、通信ログチェックを行うテスト項目を自動化するツールです。 基地局シミュレータと携帯端末をQuality Commanderで自動制御し、Wiresharkの通信ログを取得します。

携帯端末ログ解析ツール

テキスト形式で出力される端末Logを、アローチャートに変換し、Logの流れを可視化します。

AT-Commandによる自動制御 - 対向機が必要なテストの自動化

Quality Commanderを使用した自動テストで、対向機端末をAT-Commandで制御することにより、 対向機が必要なテスト項目を自動化します 。3G標準仕様(TS27.007)で規定されているCKPDで対向機のボタンを操作します。

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。

  • 「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • 「WiMAX」は、WiMAX フォーラムの商標です。
  • 「Qualcomm」はQualcomm Incorporatedの登録商標です。
  • その他記載されている商標は各社の商標です。