沿革

会社沿革
1980年 4月9日、日本ノーベル株式会社(東京都千代田区)を創業
  資本金:2,500万円
1981年 資本金:3,500万円に増資
1982年 CAD/CAM 『ADMS DIE MASTER』を販売開始(型研精工様と共同開発)
1984年 資本金:5,000万円に増資
1988年 『公表リスト検索システム』を販売開始
1991年 本社を現住所(東京都北区)に移転
1992年 『テレワークサービス(SELA)』を開始
1995年 コンパイラ評価サービス』を開始
1999年 ISO9001(品質システム)を審査登録
  Compiler Validation Suites』(Plum Hall社)を販売開始
2000年 資本金:9,370万円に増資
  Cosyコンパイラ開発システム』(ACE社)を販売開始
  『μITRON4.0評価システム』を販売開始
2001年 資本金:11,392.5万円に増資
  『携帯電話自動評価システム』を販売開始
  電力・フィールド情報管理システム『Field Naviシステム』を販売開始
2002年 SE向けのeラーニングシステム『MyELQ(マイエルク)』(Just Skill社)を販売開始
2003年 資本金:10,000万円に減資
  Web購買システム『EPCUS(エピカス)』を販売開始
2004年 組込み機器自動検査システム『Quality Commander』を販売開始
2005年 札幌開発センターを開設
  ソフトウェアテスト自動化ツール『Quality Commander2』を販売開始
2006年 環境データ統合管理システム『ECOMIX』を販売開始
  組込みソフトウェアテスト自動化システム『Quality Commander 3』を発売開始
2007年 札幌開発センター移転(札幌市中央区)
  外観検査システム 構築サービス』を受付開始
2008年 組込みソフトウェアテスト自動化システム『Quality Commander 4』を発売開始
  廉価版Quality Commander 『QCLite for携帯電話』をレンタル開始
  インターネット・データセンター監視システム『iDCNavi』を販売開始
  『携帯電話自動評価サービス』を受付開始
2009年 エネルギー監視システム『eNEReview』を販売開始
  モバイル出退勤管理システム『ActView』を受付開始
  環境データ統合管理システム『ECOMIX』の製品名を『EcoLyzer(エコライザー)』に変更
  組込みソフトウェアテスト自動化システム『Quality Commander 5』を販売開始
2010年 札幌開発センターを閉鎖
  ラック内デバイス管理ソフトウェア『UnitPORTER』を販売開始
  廉価版Web購買管理システム 『EPCUS Lite』を販売開始
2011年 『グリーンITデータセンターサービス』を提供開始
  Web版ラック管理システム『UnitPORTER.Navi』を販売開始
  組込みソフトウェアテスト自動化システム『Quality Commander 6 』を販売開始
2012年 Androidアプリの実機テスト自動化ツール『QCWing for Android 』を販売開始
  タッチパネルリニアリティ評価システム』を製品化
2015年 関西支社(京都市中京区)を開設
受賞暦
1985年 CAD/CAM 『ADMS DIE MASTER』が、「神奈川県工業技術開発大賞」を受賞
1997年 『テレワークサービス(SELA)』が、「サテライトオフィス推進賞優秀賞」を受賞
2002年 「UMLロボットコンテストショートトラック部門3位」入賞
2003年 「UMLロボットコンテストショートトラック部門3位」入賞
2004年 『Quality Commander』が「情報化月間推進会議議長表彰」を受賞
2016年 intra-mart AWARD 2016にて「Special Project Award」を受賞