MES
組立ライン向け 製造実行システム

製造ラインのデータを収集し、製品のトレーサビリティを実現

Factory Conductorは、製造の進捗状況、品質データや履歴情報を、リモートかつリアルタイムで管理する、製造実行システム(MES : Manufacturing Execution System)です。製造の実態が見えることで、「適切」で「タイムリー」な改善が可能となります。

製造管理システム(MES : Manufacturing Execution System)

Factory Conductorの特徴

お客様の業務に合わせて、基本構成の中から必要な機能だけを選択しての導入、他システムとの連携や特別機能の追加などが可能です。

担当ごとに必要な情報を見える化

製造担当

工程アンドン

もっと詳しく

ラインリーダー/製造長

全ラインアンドン

もっと詳しく

品質担当

不良率一覧

もっと詳しく

組立ラインに特化したMES

日本ノーベルでは、組立ライン向けのMES構築を得意としています。これまで、大手電機メーカーの製造ラインでMESを構築してきた実績があります。

中規模の工場から、10ライン以上の大規模工場まで、製造現場に密着し、組立ライン特有の様々なニーズにお応えしてまいりました。

製造管理のプラットフォームとして機能します

Factory Conductorは、生産管理システムやMRP/ERPなどの業務・計画系システムと、工場の制御システムを橋渡しする製造実行システム(MES)です。

製造前の準備段階では、生産管理システムから渡される生産生産計画や部品表データ(BOM)などを、一旦製造実行システムのデータベースで管理し、製造に必要なデータを各制御システムに送ります。

製造後は、工場のあちらこちらに散在する生産現場のデータを工程ごとに収集し、製造日時や製造結果などの情報を、製造実行システム(MES)経由で生産管理システムに提供します。

製造管理の課題を解決

課題全体進捗がわからない。

製造実績はインターネット経由で参照でき、リアルタイムに現場を把握できます。

もっと詳しく

課題全体の不良状況がわからない。

無線ルータさえ置ければ、どんな現場からでも品質分析のための製造データを収集できます。

もっと詳しく

課題追跡調査ができない。

製品を1品ずつ製造開始から出荷まで管理し続けます。
(トレーサビリティの実現)

もっと詳しく

システム導入の流れ

システム構築のプロセス

業務プロセスの分析
製造工程を分析し、各帳票やデータの入出力、製品の動きが一目でわかるようにします。
監視ポイントの抽出
分析結果を基に、誰がどの工程でいつ何のデータを監視するか決定します。
監視方法の選定
監視ポイントに指定された工程で、どのようにデータを収集するか決定します。
実現方法の選定
監視方法を技術的にどう実現するか決定します。
システム運用方法の決定
システムの導入方法、保守、バックアップ・復旧、教育の方法を決定します。

もっと詳しく

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。