Factory ConductorMES 組立ライン向け 製造実行システム

システム導入の流れ

システム構築のプロセス

お客様の製造ラインに最適なシステムを構築するため、必要なプロセスをサポートいたします。

業務プロセスの分析
製造工程を分析し、各帳票やデータの入出力、製品の動きが一目でわかるようにします。
監視ポイントの抽出
分析結果を基に、誰がどの工程でいつ何のデータを監視するか決定します。
監視方法の選定
監視ポイントに指定された工程で、どうデータを保存するか決定します。
実現方法の選定
監視方法を技術的にどう実現するか決定します。
システム運用方法の決定
システムの導入方法、保守、バックアップ・復旧、教育の方法を決定します。

システム導入のプロセス

日本ノーベルでは、システム導入の課程を重視しています。製造ラインの負担を可能な限り減らし、お客様の業務に必要なデータを確実に取得できるよう、段階を踏んだスムーズな導入をサポートします。

システムに慣れる
まずはシステムに慣れるため、比較的短期間で導入可能なシステム構成で使用を開始します。
製造タクトに合わせてチューニングする
製造ラインの効率を妨げないよう、各工程に最適なデータの収集方法を検討します。
監視するデータを増やす
品質管理の要求レベルに対応するため、製造ラインの負荷とバランスをとりながら、必要な監視データを増やしていきます。

システム構築例

Factory Conductor 利用イメージ

製造作業をスムーズに開始

基幹システムから必要な製造情報を製造ラインへ自動展開し、製造作業をスムーズに開始できます。

出荷~受け取りをスムーズに

出荷情報を基幹システムへ自動展開し、お客様への出荷~受け取りをスムーズに行えます。