EcoLyzer環境データ統合管理システム

主な機能

環境データの一元管理

CO2排出量をはじめ、エネルギー使用量や産業廃棄物の処理量など、各種環境パフォーマンスデータを一元管理します。工場、オフィス、テナントなど多拠点のデータを一括管理することで、データの収集・集計時間を短縮し、全社の環境情報を共有することができます。

Webブラウザで入力・閲覧

環境データの入力に特化した使いやすい入力画面で、入力・集計作業を容易にしました。それぞれの拠点が入力したか、入力していないかを一画面で確認することができ、未入力拠点のフォローを迅速に行うことができます。 また、入力項目は自由に追加・削除することができるので、お客様のニーズに合ったご利用が可能です。

Webブラウザでの接続台数に制限はありませんので、拠点が増えても設置に経費がかからず多拠点の管理に最適です。

データ入力画面

かんたんな入力フォーマットで、入力作業の負担を軽減します。

入力チェック機能

未入力拠点が
ひと目でわかります。

Webブラウザで
データ参照

Excelデータ取り込み

お客様が現在利用されているExcelデータを、レイアウトや書式を変えずに そのまま取り込むことができます。現場では従来の入力形式を変えずに管理システムを導入できるため、 現場の導入不安や再教育の手間もなく、スムーズに移行可能です。

ボタン1つで換算・集計

入力されたデータの形式や単位のばらつきを統一し、用途に応じた単位に自動換算します。 面倒なCO2換算、原単位換算もボタン1つで行えます。変換単位や係数の設定は各種設定画面から行うことができます。

月単位のグラフ表示

月単位の入力・集計に対応しています。集計したデータは月次集計で即座にグラフに反映され、タイムリーな環境データを全社員で共有することができます。月ごとに推移・動向を確認することで、目標達成への意識付けが明確になります。

目標値の設定

省エネ目標に向けた目標値を設定することができます。
規制物質管理については、法令、条例、自社基準などの規制値も設定可能です。

電気料金を管理

EcoLyzerで電気料金の管理が可能になりました。電力消費量と電気料金をグラフで見比べることにより、 例えば「電力消費量が同じでも電気料金に差が出る」といった状況を把握できます。


▲ 棒グラフが電力消費量、折れ線グラフが電気料金

データ出力・報告書作成機能

年次報告書などに必要な欲しいデータを簡単に出力できます。 データの出力はWebブラウザから行うことができ、各拠点、各部署でも行えます。
また環境報告書の作成フォーマットを設定することで、ボタン一つで報告書の作成を行うことができます。

環境報告書作成機能一覧
  報告書 主体
標準機能 エネルギー使用状況届出書 経済産業省 資源エネルギー庁、
財団法人省エネルギーセンター
定期報告書
オプション機能 環境負荷物質対策調査報告書 経済産業省
地球温暖化対策報告書 東京都環境局
その他 上記以外の環境報告書作成機能も要望に応じてご提供可能です。
  • Excel は米国 Microsoft Corporation およびその関連会社の商標です。
  • その他の社名及び製品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。