タッチパネル機器のテスト自動化

タッチパネル式の携帯電話、スマートフォン、PDAやコピー機などタッチパネル機器を自動評価するシステムです。ロボットがタッチパネルに表示されたアイコンを探して押し、変化する画面を自動で画像判定します。

DEMO タッチパネル機器(GOT)の自動テスト 動画一覧

Quality Commanderのデモの様子です。ロボットが表示器(GOT)を自動で操作してテストを行います。

様々なタッチパネル操作に対応

タッチパネル操作

ロボットがタッチパネル画面上をなぞるドラッグ操作やフリック操作を行えます。直線的な動作を組み合わせることで複雑な軌跡をだどることもできます。

ドラッグ操作
フリック操作
ダブルタップ
タッチパネルを自動で操作

静電容量式のタッチパネルにも対応

タッチパネルを操作する先端部は、操作機器に合わせて選べます。カスタマイズでロードセルを使用した押し圧測定にも対応。背面や側面のボタンは個別にレリーズを配置することで自動操作が可能です。

静電容量方式対応タイプ
(径を選択可能)
ロードセルによる
押し圧計測
背面、側面のボタンはレリーズで操作
テスト対象機器に合わせて選べる先端部

開閉などのマルチタッチ操作

直交型ロボット2台構成で、マルチタッチ操作が行えます。通常のタッチパネル操作に加えてピンチイン、ピンチアウト、2点同時操作などを行えます。

直交型ロボット2台によるマルチタッチ操作

文字やアイコンを探して押す

文字を探して押す PLOT OCR機能

タッチパネル画面上に表示された文字をOCRにより認識し、見つけ出した文字の座標位置にロボットのアームを誘導することができます。
ダイアログボックスのように表示位置が毎回異なる場合でも、ロボットが追随して押下します。
画面が撮影できないシナリオ作成ツールでも、表示される文字列さえ分かればシナリオを作成できます。 画面デザインが変わっても、表示される文字列が同じならシナリオの流用が可能です。

アイコンを探して押す PLOTS機能

ポップアップメニューのように、タッチパネル上のどこに表示されるかわからないアイコンもロボットが位置を認識して押せるようになりました。
アイコン画像をマウスドラッグで囲み登録するだけの簡単操作です。登録した画像をQuality Commanderで認識し、ロボットが押します。

制御盤のPLC連携 オプション

Quality Commander ではPLC(Programmable Logic Controller)と連動させることで、人手では手間がかかるテストを自動化させることが可能です。
高度な信頼性を要求されるタッチパネル制御盤の繰り返しテストや組み合わせテストに有効です。

NTSC対応で映像出力

RGB信号が出力されるタッチパネル製品の場合、カメラで撮影するのではなく、信号線から取り出したRGB画面出力を、直接PCに送り込むことで大画面での判定を行うことができます。

電話でのお問い合わせ

03-3927-8801

受付時間 9:30~17:30(平日)

フォームでのお問い合わせ

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。